うさぎのおっぱいは8つ

許認可申請のコンサルタントしてます。旅館業の許可を取得しています。民泊を現在運営中の方も、これからの方もご相談受付ています。ここでは民泊以外の話がメイン。夫婦円満の秘密。独立思考アラサーの美容情報、身体に優しいマクロビフードとラーメンが大好き。年下旦那様との2人暮らし生活満喫してます。

サレンダードワイフを実行してみた〜その後〜①

もうすぐゴールデンウィークですね
我が家は混んでいる所も、高額なのも避けたいので特別プランはないですが、GWの翌週は初めて夫婦での海外旅行に行って来ます。


前回、お金の管理を旦那様に任せだした話をしましたが、
実はあの後無防備に全てを預けちゃいました。

もっと欲しいものが手に入るようになった
クレジットカードも銀行のカードも貯蓄用口座の通帳もカードも全部渡しておこづかいとして現金をいただくだけにしました。
今月はだいたいこれくらい使いますというザッとした支出プランを紙に書いて渡しています。
計算も管理も私は何にもしません。
きちんと支出プランをだしているので、それに乗っ取った金額を旦那様は渡してくれます。
管理しなくていい楽さ、やみつきになりそうです。
️自分のほしいものや必要なお金だけ渡してもらう。なんてシンプルなんだ。

しかも、旦那さんもこのシステムを気に入ったようです。実際には私の稼いだお金も含まれていますが、一緒にいるときの会計を全て自分が済ます事が男として家族を養っている責任感と自信に繋がっていくようです。
本にもあったように、全てが旦那さまからのプレゼントになります。
①おねだりをして恋人気分が続く
②ちょっとした買い物もプレゼント
③私に掛かる費用が明確になる
④もっと稼ごうという気分になる

ああ、、なんてすばらしいのでしょうか
友人に話すと、安い化粧品でいいじゃないか、というケチな男もいるから相手次第だと言われましたが、そこはどれだけ立てれるか、おねだりできるかじゃないでしょうか
もちろん最初からギャンブル趣味の方や借金癖のある方だったら任せられませんよね。(私は自分もお金がかかるのでそのような殿方とは即離婚であろう)

本の中にも
「ケチな男はあなたが作っている」
という話がありましたよね。
彼がうまく管理できるか通帳を覗いたり、チェックしたりしないこと。
信用して任せる事が鍵だそうです。

本の一節です
ケチな男は得てしてコントロールする女の副産物である事が大きい。
女性がコントロールするのをやめれば、男のケチは治る。


なにもせずいるより、試してみるのが夫婦円満に繋がると私は信じています。
おためしあれ