親の言いなりにならず、自分の時代を生きる

親の言いなりのまま生きることの危なさ

f:id:rurusaworld:20170730120941j:plain

親は子供の事を思っていろんな事を教えてくれるものだと思います。

けれど、人生の節目や自分のこれからのことなど「親が言っていたから」という理由でそのままにしないでほしいです。何故って、取り返しがつかないことになりうるからです。自分の頭で考えないで物事を選択することには大きなリスクがあります。

gendai.ismedia.jp

この記事を読んで切なくなった。きっと彼女達の親世代の時代は、成人して、働かなくても、お嫁に行くから問題ないって、自分たちの時代の常識で考えていただけで、娘を引き連れて役所に相談に行くようなことになるとは思っていなかったんだろうな。。

親離れするのは悲しい事じゃない

f:id:rurusaworld:20170730121505j:plain

近くにいないと親孝行できないわけじゃないと思います。離れて見えることは沢山あるし、確実に先に死ぬ親は、自分がいなくても立てるようにすることが必須なのではないかと思う。だからこそ、成人した人間が何もかも人の言いなりで、いつか後悔した時に、親の言う事を聞くんじゃなかった、と責任転嫁することが怖いことだと思います。

時間は流れている。30年世代が違うということ。

良い大学に入って、良い会社に入って、結婚して、専業主婦になって、男は外で働くのが普通で、家を買いなさい、車があるほうがいい。

もう何もかもその通りじゃなくて当てはまらないと思います。30年前って、バブルで、携帯電話もなく、パソコンなんて持ってる人は滅多にいなくて、公衆電話がいたるところにあった。

今じゃ、パソコンがスマホやタブレットで十分と言われるようになり、世界中とインターネットで繋がっていて、人工知能が沢山の仕事を担う時代に進んでいる。東芝とかフォルクスワーゲンのような大企業が潰れない時代でもない。大企業に入れば安全なんてこともない。

シェアリングエコノミーがある

AinbnbやUberなど、住む所、車以外にも様々なシェアリングエコノミーがあります。

www.airbnb.jp

https://www.uber.com

casy.co.jp

EDIST. CLOSET – ファッションレンタルサービス 最旬コーデをセットでお届け

家事代行サービスで時間を有意義に使えて、ファッションレンタルサービスで、クローゼットをぎゅうぎゅう詰めにしないでも済む。

 過去の常識はひとつのアドバイス最適は自分で選ぶ

f:id:rurusaworld:20170730121915j:plain

持ち家だからいい、車があるのがいい、っていう単純な発想では、リスクを負う事だけが増えていきます。住宅ローンを払えずに困っている人がいることは前職でたくさん感じました。家を買ったらいけない訳じゃなくて、持たなくていい身軽な暮らしもある。結婚だって、しなくてもいいし、子供だって持たなくてもいい。そういう暮らしもある。自分が住む為に家を購入することを「子供が住む時にも使ってほしい」というのにも疑問を感じる。親と子供の頃からずっと暮らしてきた家に、成人してから住んでいる人は少ないと思う。

子供のためと言っているけど、それは自分の為だと思う。どんな職業につくか、どこに住みたいのか、誰と一緒になるのか、何も解らない段階で、子供の為というのは重圧でしかないと思う。もちろん選択肢があることは悪いことじゃない。なんの保証も無いのに、何十年も時代が違うのに、「子供の為」 「親が言うから」で生きていることに違和感を感じないと成長はないと思う。